2005年03月31日

もっと強く

抱きしめて 別れの予感 打ち消して

もっと、もっと強く抱きしめて。不安におしつぶされてしまいそうな私の心。
別れの予感を消し去って。あなたの腕で、胸で。
息もできないくらい、何も考えられないくらい、強く。
posted by みー at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

運命

感じてる ふたりをつなぐ 赤い糸

いままでいくつか恋をしてきた。いつも本気で恋してきた。
でも、あなたとはもっと強い何かを感じる。
きっとどんなことがあっても切れることのない、ふたりをつなぐ
赤い糸。運命だとわたしは信じてる。
posted by みー at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

私のたからもの

指輪より 無口な君の 愛してる

君にもらったもの、たくさんある。初めて一緒に観に行った映画のパンフレット。
私が集めてて、どうしても手に入れられなかったお菓子のおまけ。
携帯ストラップ、指輪・・・。
でもいちばん嬉しかったのは、普段は無口で自分の気持ちなんて話してくれない
君が一度だけくれた「愛してる」。
私のたいせつなたいせつなたからもの。
posted by みー at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひとり

目が覚めて 孤独感じる 広い部屋

寂しい、なんて思ったことなかった。いつも一緒にいる恋愛なんて
窮屈だと思ってた。でもあなたを失ってから、ひとり目覚めたとき
感じる孤独。となりにあなたがいないくて、部屋がとても広く感じ
られて。ひとりになるってこういうことだったんだ。
いままで強気でいられたのは、ひとりじゃなかったからなんだ。
posted by みー at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

大人の女

背伸びして 初めて纏う 大人の香り

歳の離れた憧れの人。ちょっと背伸びをして、子ども扱いされたくなくて
無理してつけた香水。いつもより大人っぽく見えるかな。
いつもと違う私に気付いて。

posted by みー at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強がる君の瞳

意地っ張り 涙を見せぬ 君愛し

僕の彼女は気が強い。そして意地っ張りだ。それはもう世界一くらい。
僕の前では涙なんて絶対にみせない。でも、今日はじめてあふれそうな
涙をためた彼女の瞳をみた。こぼれぬよう上を向いて。
愛しいと思った。胸のそこからつきあげてくるような愛しい気持ち。
僕は彼女が大好きだ。
posted by みー at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

夢を追いかけて

同じ空 あなたと見上げた 懐かしい日々

同じ夢を追いかけていた、あなたと私。同じ空をいつも見てたね。
あなたが悲しいときは私が励ました。私が苦しいときは、あなたが
元気をわけてくれた。懐かしい日々。
あなたはいま、どこで何をしているのだろうか・・・?
posted by みー at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

はじめてのキス

瞳を閉じて そっと触れた 君の唇

胸がどきどきした。はじめて触れた君の唇。
やわらかくて優しくて甘い君の唇。
今日のことを僕はずっとずっと忘れない。
posted by みー at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君が想い出に変わる日まで

閉じ込めた 記憶の彼方 笑顔の君

大好きな君の笑顔を記憶の奥底へ閉じ込めてしまおう。
私にできることは、君を忘れてあげることだけ。
いつか君を思い出しても悲しくならない日がくるまで、
その日まで封印してしまおう。
もう別の道を歩きはじめた、私の恋人よ。


posted by みー at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喪失

失って あなたの存在 日々濃くなる

いつもとなりにいるのがあたりまえだった。
あたりまえすぎて、わがままになっていた。
いなくなって初めて、私にとってどれくらいあなたが大きな存在だったか
気付いた。失ってから気付くなんて。もうあなたは戻らないのに。
posted by みー at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

自虐的恋愛

痛みさえ 愛しくおもう 恋の病

どんなに傷つけられても私はあなたを嫌いになれない。
痛みさえも愛しく感じてしまう。
嫌いになれたら、せめて強がりでもうそでも嫌いと言えたら。
でもほんとうはこの痛みが心地よいのかもしれない。
あなたを好きな証。自虐的な私の恋愛。
posted by みー at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

略奪

平穏を 全部壊して 連れ去って

優しい彼、平和な毎日。幸せだけど少し退屈。
あなたに出会うまでは。
この平穏な日々を壊して。そこから私を連れ去って。
力強く奪ってほしい、あなたの手で。
posted by みー at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

乙女の胸

交わす視線 かすかな期待 消せなくて

時々あの人と交わす視線。期待してはいけないってわかってる。
でも、彼の優しい瞳。言葉はなくてもわかりあえているような
錯覚を覚える。
打ち消してはまた浮かび、また打ち消す淡い期待。
こんな私の胸の内、あの人は知らない。

posted by みー at 20:49| Comment(1) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再生

動き出せ 砕けた心 かきあつめ

いっぱい落ち込んで、泣いて、もうだめだって思う。
もう二度と笑えない。何も希望なんてない。
でも毎日は過ぎて行く。
いつまで立ち止まってる?いつまで過去にとらわれて生きていく?
そう思えたら、動き出せ。心は壊れたってまた再生できる。
posted by みー at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

無限ループ

失うと わかっているのに 手に入れて

わたしたちは自分が思うほど賢くなんてない。同じことを繰り返して、
痛みを知ってもまた同じことを繰り返す。
手に入れなければ、失うこともない。わかっているのに、またほしくなって
手に入れる。永遠に続く愛を夢見て。
posted by みー at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終止符

途切れる会話 さよならを待つ あなたから

なんとなく、この恋は終わるって気付いてた。
でもやっぱり好きな人、私からさよならは言えない。
だから、あなたからさよならをください。
posted by みー at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

甘い香り

すれ違う 君の黒髪 乙女の香り

あの子とすれ違うとき、いつもいい香りがする。
さらさらの長い黒髪から女の子のにおいがする。
甘くて切ない、僕の胸をしめつける、恋の香り。
posted by みー at 15:13| Comment(0) | TrackBack(1) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋する力

ひとりより ふたりがいいね 喜び2倍

ひとりでも生きていけるけど、ふたりだともっと強くなれる。
うれしいこともたのしいことも全部2倍。つらいことは分け合う
ことで半分になる。恋する力ってほんとうにすごい。
posted by みー at 15:08| Comment(2) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

抱きしめる

抱き合うと すべてを忘れる 二人の時間

会えなかった空白の時間を埋めるように、抱き合う。
言葉では伝えきれない想いを届けたくて。
もっともっと近付きたくて、抱きしめあう。
二人だけの世界、二人だけの時間。
posted by みー at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

別れ

君の声 泣きそうな瞳 忘れない

別れを告げる方と告げられる方、どちらがよりつらいだろうか。
今までわたしは告げられるほうだけが苦しいと思ってた。
でも終わりを告げる方には告げる方の苦しみがあるのだ。
私は、あなたの優しい声、時々みせた悲しげな瞳、大好き
だったあなたのすべてを忘れない。
posted by みー at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。