2006年05月28日

帰り道にあなたを

お酒を飲んでもあまり変わることはない、と日記に書いた。
特別おしゃべりになるわけでもないし、テンション高くも
ならない。


でもひとつだけ。

ふだんは電話はほとんどしないのだけど、飲んだ帰り道は
無性に電話をかけたくて仕方なくなるのだ。



でもきっとかけられた相手は迷惑するからと最近もうかけるのは
やめたのだけど、昨日はたくさんお酒を飲んだからか電話をかけたくて
かけたくて仕方なかった。


どうしよう。
誰にかけよう。



ひとりだけ顔が浮かんだ。


ちょっとうれしかったこと、とかくだらなすぎて笑えることとか
いっぱい話したいことがあった。


・・・迷惑そうだったらすぐに切ろう。



そう思って携帯をバッグからごそごそと取り出した。





しもたーーー!!!




そういえば電池がなくなって電源落ちてたっけ・・・


でもよかったんだ。

突然夜中に電話してきて、しかも酔っていて何言ってるかわからないし
そんな電話をもらって嬉しい人などいないだろう。


嫌われずにすんだ(^^)


少ない友達は大切に、である。
posted by みー at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わかるよーその気持ち。
さらに私は酔うと好きな人に会いたくなってよく電話して呼び出したものです(笑)
すごくたち悪いよね。。。
Posted by しの。 at 2006年05月28日 21:51
仲間だね(笑)
でも、しのちゃんに呼び出されたらうれしいよ、
きっと!

わたしは男子の友達に電話してからんで
いました。
相手はかなり迷惑していたと思われます。


いまは気軽に電話できる人もいなく
なっちゃったけどね★
Posted by みー at 2006年05月29日 11:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。