2006年05月29日

ほんとのこと

ほんとはもっと

きみといろんなはなしをしたかった



ほんとはもっと

きみといっしょにみたいけしきがあった



ほんとはもっと

きみのよわさもあいしたかった




てをはなしたのはあたしだったけど



さいしょにせをむけたのはきみだった



ほんとはずっと




きみがおもうよりもあたしはきみのことがすきだった
posted by みー at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
飾らない素直な気持ちがとても素敵な詩だねっ。

〜きみがおもうよりもあたしはきみのことがすきだった〜
胸が痛くもあるけれど何かキラキラしている感じがしていいね☆
Posted by しの。 at 2006年05月31日 23:20
自分がすごくすごく好きな気持ちって
意外と相手には伝わらなかったりする
ものだよね。
いえなかった気持ちとか伝えられなかった
気持ちを詩にしてみました。

Posted by みー at 2006年06月01日 18:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。