2006年06月15日

人の愛し方

今日はまじめな議題です。

先日嫌われ松子の一生を観てから、ちょっと考えてしまいました。

松子の愛情はとても深く、その人を包み込む大きな愛です。
信じる、尽くす、与える、そんなイメージ。


自分はそんな大きな愛情を持っていません。
そもそも愛とは何なのかもよくわからない。


大切に思ったり、好きだと思ったり、そばにいたいと思うことはあっても


好きな人が汚れていたら、一緒に汚れる強さも
好きな人が溺れ苦しんでいたら、一緒に溺れる勇気も



きっとあたしにはない。


だからだめなのかな。

冷たいって言われちゃうのかな。


どんなことがあってもその人を信じ
間違えていても間違ってないよと言ってあげられる優しさも
時には必要なのだと思った。
posted by みー at 21:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分も愛が何かは良く分かりませんが、
よく「愛には形が無いよ」と言いますが、愛とはその時々によって変わるからだと思います。

愛の本質はシンプルなもで、
「大切な人が幸せだと自分も幸せ。」
という事になるのではないかと思います。

大切な人が笑ったり、幸せそうにしているのが自分にとっての幸せになると分かっているので、信じる・尽くす・与えるという選択が生まれるのだと思います。

愛とはそういうものではないかと思います。

Posted by ウキス at 2006年06月17日 21:58
>愛が何かは良くわかりませんが
と言いつつわかってるではないですかっ(笑)

大切な人が笑顔でいられたらわたしもうれしいです。
悲しい顔は見たくないです。

愛はむつかしいね。
もっと修行をつまなくては・・・
Posted by みー at 2006年06月19日 00:30
私もそういう意味では人を愛した事がないのかも。。。
やっぱり自分一番な所があるし。
尽くしたら見返り期待しちゃうし。
いつもニコニコ笑って相手を包み込んであげれる愛を持てたらいいのに。

今日も一人でプンプン怒っては男子2人に八つ当たりしてしまいました(泣)
私も松子のような愛を持たなければ・・・
Posted by しの。 at 2006年06月19日 02:45
しのちゃんは優しいし愛情いっぱいだと
わたしは思います。
尽くしたら見返りかあ・・・
無償の愛なんてなかなかないと思う。
そもそも自分は尽くしたことあったっけ?
昔友達に
「あんたにゃ尽くす女は似合わない」
と言われ「(自分は)どんだけイヤな女だ!」と
落ち込みました。

しのちゃん松子観ましたか?
もしまだだったらぜひ観てみてください。

でも怒って八つ当たりするほうが全然よいと
思います。
わたし怒ったら無言でプイってどっか行っちゃう
んで・・・相手には何も伝わらず、です(/_-)
Posted by みー at 2006年06月19日 22:42
いやいやいやいや・・・
優しくもなく愛情いっぱいでもなくまだまだ未熟な私です。

『嫌われ松子の一生』はまだ見ていません。
悲しいかなきっとレンタルで見る事になるだろうな(泣)
この夏もディズニーアニメ『カーズ』と戦隊ものの『ボウケンジャー&仮面ライダーカブト』を見に行かされる予定です(笑)

私の八つ当たりはきついらしいです。
昨日「とんだ父の日やわ〜」って言われましたから(笑)

Posted by しの。 at 2006年06月19日 23:11
ボウケンジャー&仮面ライダーカブトって!
わたしも観たい(笑)

ぜひわたくしに八つ当たりしてください(笑)
受け止めます!!
Posted by みー at 2006年06月19日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。