2006年06月13日

嫌われ松子の一生

嫌われ松子の一生」観てきました。
久しぶりに、観た後しばらくその世界から抜け出せなかった。

ヘビーな内容をコメディ調で描き、ミュージカルあり、ファンタジー色の
強い不思議な映画でした。



ストーリーは・・・

ミュージシャンを夢見て上京した笙はある日突然たずねてきた父親から
自分に叔母がいて、その叔母が亡くなったことを知らされる。
バンドをやめ、彼女にもふられ、堕落した日々を送っていた笙だが、
叔母の人生をたどっていくうちに生きる意味を見出していく・・・



そしてその叔母というのが中谷美紀演じる松子。


松子は地元福岡県大川市で教師として働いていた。厳格な父に
愛されたいと父の理想の娘になろうと努力し、父の望む教師に
なったのだ。

しかし、父は病弱な妹久美ばかりかわいがり松子には無関心。
そして松子の教え子が起こした事件をきっかけに松子は辞職に
追い込まれ、家を飛び出す。


その後知り合った作家志望の男と同棲するも暴力をふるわれ、
それでも松子は彼の才能を信じ尽くすのだが、彼は自殺してしまう。


愛した男が死ぬ場面に直面し、松子は


「今度こそ自分の人生は終わった・・・」

と悲しみに暮れるのだが、その愛した男のライバルであった男と恋に落ちる・・・。



愛し裏切られ傷つき、ボロボロになりながらなお愛することをやめない
松子。


今度こそ幸せに、と夢見る松子だが思わぬ運命が彼女を待ち受けていた・・・





松子は自分の信じる道をひた走り、熱く優しく強くそして不器用で
どうしようもない馬鹿です。

男運が悪いというよりは自ら不幸になる道を選んでいるとしか思えない。

でもそれはきっと、幼い頃父に愛されなかった記憶が松子に人一倍
「誰かに必要とされたい」という強い思いを抱かせたのだと思います。


松子が友人のめぐみに
「そんな男と一緒にいたら地獄の果てまでつきあわされるで」

(曖昧ですがこんなニュアンス)

と言われ

「この人になら地獄のはてまでついていく、それがあたしの幸せ」
(これも曖昧)

と毅然と言い放つシーンがとても印象的でした。
松子の人生をあらわしていると思いました。
愛する人をどこまでも信じついていく、それが松子の愛情。

わたしならきっと
「一人で地獄に落ちてください」
と突き放してしまうことでしょう。




果たして松子は不幸だったのでしょうか。

答えはノーです。


松子の一生は幸せだった、わたしはそう思います。
posted by みー at 00:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。