2005年12月21日

君を忘れるために

時間or距離? あと何が揃えば 君忘れられる

時間、距離、あと何が足りない?
君を忘れるために必要なものは何?
何が揃えば君を忘れられる?
苦しいだけのこの想い、今すぐにでも手離してしまいたいのに。


いまでも目蓋の奥に君が見える。


posted by みー at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

今なら

幼い手のひら 守りたかったのは 君の笑顔

「この恋をなくしたらきっと生きてはいけない」
そう思っていたのに、あの人の手を離したのはわたし。

大切なものの守り方も知らないくせに欲しがってばかりいた。

幼い手のひら、何も守れなかった。
今のわたしならきっともっとうまくやれたのに。
わたしたち少し出会うのが早過ぎたね。

今なら。今ならきっと・・・。
posted by みー at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

このまま

今日も別れてく 約束のない ふたりのまま

わたしと君の未来はつながっているのかな。
いつか君と「今度はいつ会おうか?」って約束できる日がくるのかな。
こんなふうに何も聞けないまま、何も肝心なことは言えないまま別れていく今日がいつまで続いていくんだろう。
このまま離さないでって言えたら。わたしたちは何か変わるの?
posted by みー at 00:37| Comment(1) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

kiss

キスしよう 降り積もるこの雪 溶かすような

この街にはめずらしい雪が降り積もる。
君はいつもよりはしゃいでいた。

ねえ、キスしようか。
この雪を溶かしてしまうような。


そんなこと言ったら君は怒るかな。
posted by みー at 00:29| Comment(5) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

いつも君を

いつも笑わせてたい 驚かせたいよ 君の笑顔見たいから

ねえ、君は気付いてる?
僕がいつも君にくだらない冗談を言って、笑わせて驚かせる理由。

いつもいつだって君の笑顔が見たいから。
すべてはそれだけのことなんだ。
posted by みー at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

終わり

壊したい 何もかもすべて あなたさえ

壊したいとおもう。
いままで作り上げてきたものぜんぶ。

逃げたいとおもう。
いまのわたしを取り囲むものすべてから。

何もかもなくなって、終わりになればいい。
posted by みー at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

あなたしか見えない

溺れゆく 叶わぬ恋と 知りながら

抗おうとすればするほど溺れていく。
叶わぬ恋と知りながらどうして人は愛する気持ちを
捨てることができないのだろう?

自ら苦しみの中に飛び込んでいく。
わたしはあなたに溺れていく。
posted by みー at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

終わらない愛は

こころは変わる 叶わぬ永遠 何処にある

どうして人の気持ちに永遠はないのでしょう。
どうして愛はいつか終わってしまうのでしょう。

存在しないから永遠を求めるの?

終わらない愛を求めて、わたしたちは今日も明日も彷徨うの?

一体いつまで続くの?
posted by みー at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

わたしの気持ち

止められない 鼓動は速く 愛する気持ち

ねえ、どうしよう。
わたしあなたのことが好きみたいです。
意識しないように、好きにならないように
注意していたつもりだったのに。

わたしはあなたのことが好きみたいです。
posted by みー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

願いが叶うなら

この一瞬 愛しき君よ ぼくだけのもの

ひとつだけ願いが叶うなら、ぼくはいまこの一瞬だけでも
愛しい君がぼくだけのものになることを願わずにいられない。

もうほかの誰かの元に返らないで。
ぼくだけを見て。
そう思いながら・・・。
posted by みー at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

ひとつだけ

欲しいのは たったひとつ あなたのこころ

一番欲しいものは手にはいらないようにできているのかな。
ほかに何もいらないよ。
いま手の中にある何かを手離してもいい。
欲しいのはあなただけ。
posted by みー at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

片想い4

近付きすぎた二人 ただ想うだけで よかったのに

遠くからあなたをみているのが好きだった。

今日は会えるかな。
今日は挨拶くらいできるかな。

そんなことを考えながらわくわくする毎日が好きだった。

みてるだけで、想うだけでよかったのに。
あなたに近付けば近付くほど、こころは欲張りになっていく。
ただ想うだけでよかったのに。
posted by みー at 20:20| Comment(2) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

どうして

夢見るのは 永遠に続く 恋なのに

いつだってずっとずっと続いていく恋に憧れる。
どんなにたくさんの人に想われてもあなたに愛されなければ
意味がない。
あなたとの恋がずっとずっと続けばいいのに。
でもどうして恋はいつか終わってしまうの?
気持ちは変わってしまうの?
posted by みー at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秘める想い

気付かないで 冗談に混ぜた 愛のことば

素直じゃないわたしはあなたへの想いを冗談に
混ぜるしかなくて・・・。
でもいつもふざけあって、からかいあってきた
ふたりだからいまさらって思われるかな。
ほんとうの気持ちを知られるのは恥かしいな。
だから気付かないで。わたしが時々冗談に混ぜる
愛のことばを。


posted by みー at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

孤独なこころ

愛し求めても ひとつになれない もどかしさ

どんなにお互いを強い気持ちで求め合っても、抱きしめあっても
わたしたちはひとつにはなれない。
所有することもされることもできない。

人間は孤独です。
posted by みー at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

好きだけど、好きだから

さよならは 僕が選んだ 愛情表現

叶うことならばずっと傍にいたかった。
できることならずっと醒めない夢の中にいたかった。

君を嫌いになったからじゃない。
さよならは僕が選んだ愛情表現。

好きだけどさよなら。
好きだからさよなら。


posted by みー at 10:40| Comment(5) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

愛しい瞬間

別れ際 振り返る君 愛しくて

「じゃあ、またね」そう言っていつもの場所で別れる。
君は必ず一度振り返って手を振ってくれるんだ。
それがとてもうれしくて。君を愛しく感じる瞬間。
posted by みー at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

この恋は

巡りあえた きっとあなたが 最後の恋

恋をなくして悲しみが消えてまた誰かを好きになったとき。
わたしはいつも祈るの。

これが最後の恋でありますように。
あなたがきっとわたしの最後の恋。
posted by みー at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋と一緒に

恋は消えても 胸の痛みは 微熱のように

恋は終わってしまっても、胸の痛みまでは一緒に消えてくれないの。
微熱のようにずっとずっと続いていくの。

ねえ、神様。
いつかわたしはあの人のことを忘れることができますか?
posted by みー at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

片想い3

うれしかった あなたのことば 抱きしめ眠る

あなたがくれたことばに胸がきゅんきゅんして眠れないよ。
わたしのこと見てくれていたんだ、気にかけてくれていたんだって
そう思うと胸が熱くなる。
何度も何度も思い出して抱きしめる。

posted by みー at 01:06| Comment(3) | TrackBack(1) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。