2005年10月18日

わたしたちの

交わることない わたしたちの未来 平行線

きっとわたしとあなたの瞳にうつるものは違っていて、決して
重なることはないのだろう。
きっとどんなに強く願っても、わたしの未来にあなたがいることも
あなたの未来にわたしが存在することもないのだろう。

どんなに強く強く願ってもあなたのそばにはいられないのだろう。
ずっとずっと平行線で、わたしたちは近付くことも離れることも
できないのだろう。



posted by みー at 00:50| Comment(2) | TrackBack(1) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

いまでも

雑踏の中 君の香りに 振り返る


どうしてこんなにたくさんの人がいるのに、僕はいまでも
君のことが好きなんだろう。
どうして君がいなくなって、たくさんの時間が流れたのに
僕はいまでも君の香りに振り返ってしまうのだろう。

いまでも僕は。
君のことを想う。胸の痛みは消せなくて。
posted by みー at 23:07| Comment(2) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君がいる

いつだって 手を伸ばせばそこに 君がいて


うれしいときも、かなしいときも、さみしくなるときも
いつだってそこに君がいて。

手を伸ばせばつかまえられるところに君がいて。

そんなとき、わたしはどうしようもなくうれしくなる。
posted by みー at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

君がいれば

何もいらない 君だけいれば 未来さえ

もしこの恋が決して祝福されないものだとしても
わたしは迷わず君のそばにいる。
何を失っても。

何もいらない。未来さえもいらない。
いま君のそばにいること以上にわたしがほしいものなんて
何もない。
posted by みー at 05:59| Comment(3) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

happy

見つめあう ふとした瞬間 幸せ時間

ふたり一緒にいれば、遊園地や街に出かけなくても
楽しくて。
ふと見つめあってなんかこころがくすぐったい瞬間。
幸せ時間。
posted by みー at 05:53| Comment(2) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

こころの中の・・・

こころに描く あなたはいつも 優しくて

悲しくなったり、いらだつときはあなたを思い浮かべるの。
わたしのこころの中にいるあなたはいつも優しく笑ってる。
目を閉じればあなたの声が聞こえる。

それだけでわたしはきっと生きていける。
posted by みー at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

あなたの腕に

募る想い あなたに抱かれる 夢をみた

わたしのあなたへの想いはきっと届くことはない。
知っているけど、この溢れそうな想いをわたしはどうしたら
いいのでしょう?
あなたに抱かれた夢をみて、もっともっとあなたが欲しくなる。


posted by みー at 21:55| Comment(3) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

only you

愛したい 愛されたい あなただけ

あなたをわたしのすべてで愛したい。
あなたにわたしごと愛されたい。
こんなふうに思うのはあなただけ。
愛しい愛しいあなただけ。
posted by みー at 22:24| Comment(3) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

膝を抱えて

消えてく想い 部屋にひとり 抱きしめる

恋が終わりそうな予感がする。
大好きだった君が遠くへいってしまう気がする。

先に手を離したのはわたしのほうだったかもしれない。
すれ違いはじめたふたつのこころはもう戻れなくて。

わたしは消えてく想いを抱きしめる。
切なさも哀しみも全部全部、抱きしめる
posted by みー at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

わたしたちの距離

少しずつ 会えない時間が ふたり遠ざけて

ねえ、わたしたち会えない時間に負けてしまったの?

少しずつ少しずつこころも離れてしまった?
あんなに近くにいたはずのあなたが、いまは知らない人みたいなの。
posted by みー at 21:43| Comment(3) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

君を想うだけで

救われた こころの君に いつだって

君への想いは届くことはなかったけれど、僕はいつも君を想うだけで
強くなれたんだ。
こころの中にいる君に、僕はどれだけ救われただろう。

大切な君、本当にありがとう。
posted by みー at 15:02| Comment(2) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

鏡の中のわたしに

今日で最後 こころに決めて 口紅をひく

今日であの人に会うのは最後にしよう。
そう何度決めただろう。
そして何度わたしはわたしを裏切っただろう。

でも、もう今までのわたしとは違うよ。
鏡の中のわたしに言い聞かせる。

今日で最後、そう決めて口紅をひく。
posted by みー at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰り道

背伸びして あなたの頬に キスをして

デートの帰り道、もう少し一緒にいたいけれど。
でも、もう帰らなくちゃ。
人込みを避けて別れの挨拶をする。
背の高いあなたの頬にわたしは背伸びしてキスをした。
「またね」
明日また会うために、今日は別れよう。
posted by みー at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

恋の欠片は

立ち上がれ なくした恋は 砂に埋めて

暖かいぬくもりが消えてしまい、こころにひろがる喪失感。
ほんとうにほんとうに大好きだったから、恋が終わって
いっぱい泣いた。
たくさん泣いて、まだうまく笑えないけれど、
まだ哀しみは残ったままだけど、そろそろ行かなくちゃ。
恋の欠片をそっと埋めて、わたしは立ち上がる。
posted by みー at 13:25| Comment(4) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたの・・・

ひとりじめ 笑顔も胸も 声も指も

ずっとずっと好きだったあなたの。
笑顔も胸も声も指も背中も頬も、手を伸ばせばそこにあって。
ひとりじめだーって嬉しくて、でも触れちゃうと消えちゃうんじゃ
ないかってすこしこわいよ。
posted by みー at 13:03| Comment(2) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

君だけ

傍にいるだけで 笑顔になれる 君は特別

どうしてだろう?さっきまでの憂鬱な気分はどこかに飛んでいく。
君がいるだけでわたしいつも笑顔になれるよ。
こうして傍にいるだけで、幸せな気持ちになれるのは君だけ。
posted by みー at 21:19| Comment(4) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

こんなに寂しい夕暮れ

会いたくて もう会えないのに 会いたくて

君がいなくなってもう3回目の夏が来た。
あの日君を失ってから、僕はただ前だけを見てきた。
君のためにできることは、君を思い出して立ち止まることより
前に進むことだと思った。

もう会えないのに、会いたくて会いたくて。
もう会えないから、会いたくて会いたくて。

こんなに寂しい夏の夕暮れにだけ、君を思い出してもいいかな。


君があの空から微笑んだような気がした。
posted by みー at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

片想い2

好きじゃない あなたに会えない 夏休み

みんな心待ちにしていた夏休み。
でも私には嬉しくないよ、だってあなたに会えないんだもん。
あなたに会えるのが嬉しくて、早起きもつらくない。
坂道こぐ自転車のペダルを踏む足にも力が入るの。

早く終わらないかな、夏休み。
posted by みー at 01:16| Comment(3) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕のわがままを

降り注ぐ 優しい雨は 君の涙

いつも君は優しかったね。僕のわがままにも付き合ってくれた。
僕は調子に乗って、君を疲れさせてばかりだった。

だからあの日、君が突然告げたさよならに、僕は動揺しながらも
当然だって思ったんだ。

昨日から降り続く穏やかな雨は、君の涙。
いつも優しかった君の涙。僕は傘をささずに歩いていく。
posted by みー at 01:05| Comment(2) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

君に会うと

胸の奥 かすかに痛む 君との再会

君と別れてたくさんの時間が流れていったけれど、僕は今でも
君に会うと胸の奥がかすかに痛むんだ。
いつまでもなれることができなくて、君の笑顔が僕ではない人に
向けられるたびに、僕の胸は痛くて苦しくなる。

posted by みー at 01:09| Comment(2) | TrackBack(0) | コイノウタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。