2006年06月06日

とびだせ

いま旅に出たくて仕方がない。


とりあえずその気持ちを抑えるためガイドブックを買って
電車内で読んでいるのだが、ますます気持ちは強くなる
一方だ。(高めてるだけか??)


いま一番行きたいのはタイ。



いままでまったく関心がなかったのだけど、最近心を動かされる
ことがあり、いまはタイに夢中なのである。


寝ても覚めても考えるのはタイのことばかり。
これは病気だろうか。
恋??

チェンマイ、バンコク、アユタヤ・・・どれも魅力的。


GWに旅行したばかりなのだけど、いまは東京をとびだしたくて
仕方ないのだ。



そして友に一緒に行きませぬか?とメールを送ったところ
まったく音沙汰がない。



タイには興味なかったのかな??



でもその友は以前、突然「さよなら」というメールを送りつけてきて
行方不明になったことがあり、電話しても圏外、メールを送っても
返事はなし。
意味不明なメールがきて10日を過ぎようとするころ
「これはもしかしてどこかで息絶えているかもしれない」
と自宅訪問を決意したころ

「アメリカ行ってた(ノ´∀`*)お土産あるよ」


とメールがきて心底むかついたのである。

それなら「アメリカ行って来ます」と一言付け加えるべきだよ!!


なので今回もアメリカ行ってるのかなあ。



でも、大きなスーツケースじゃなくてリュックひとつ背負ってアメリカに
ふらっと一人で行ってしまうそんな友があたしは好きです。
posted by みー at 19:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お誕生日おめでとう☆

今日はマイフレンズしのちゃんのお誕生日です。


さっきメールを送ったのにブログにも書いちゃいます。
それくらいしのちゃんラブなのです。


近いうちに遊びにいきます!!
爆睡中の男子はほっといて飲み行きましょう。
駅前でボーリングしてプリクラとりましょう(笑)

ずっとずっとかわいいしのちゃんは乙女のお手本なのです☆
posted by みー at 00:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

マスクその後

しばらく風邪が治らずマスクが手ばなせなかったのですが
少し前にやっとさよならすることができました。


が・・・


あたしはバイバイしたのですが、会社の同じ部署の人が
一人、また一人と倒れていきます。


病欠、早退、午前半休、通院・・・etc.



気付けばマスクだらけ。



そしてきっとみんなの病気の発信元はあたしなのです。



ごめんなさい!!

ひとり涼しい顔しててごめんなさいっ!!!



なので明日からせめてものお詫びにあたしもまたマスクをしようと
思うのです。
posted by みー at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

一日だけの恋

君と目があったとき視線そらせなかった
微笑んでくれた君にあたしは同じように笑顔かえした


見つめあうたび
冷たくなってた心が溶けてくの感じた

見つめあうたび
うれしいような悲しいような気持ち感じた



―あたしたち恋をしていたんだ―


好きな気持ちに理由などいらない
ただ求め合う気持ちがあるだけ


名前も知らぬ
ただ微笑み交わした君


たった一日だけの恋


でも君に会えてよかった

君を忘れられない
ううん
君を忘れたくない



君に会えてよかった


ほんとうに

君に会えてよかった
posted by みー at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦い

先週はとてもハードな1週間だった。
毎日残業が続き週末も予定があったので睡眠時間は2時間、
3時間だった。

でもそれでも人間って動けるものなのね。

外を歩き回っている間は眠気を感じることもなかった。


しかし

今日は映画を見に行ったのだけど睡魔が襲ってきた。


すごくおもしろい映画だったからかろうじて眠ることは
なかったけど、これがおもしろくなかったら確実にあの
暗闇の中眠りに落ちていたことだろう。


じっとしていて受身でしかも暗い。
眠るのだ!といわれているようなものである。

眠気にひっぱられそうになりながら一生懸命スクリーンを
見つめた。


何がそんなにおもしろかったかと言えば「間宮兄弟」


本当は今日感想を書きたかったのだけどお酒を飲みながら
ブログ書きはじめちゃったから、今日はちゃんとしたレビューが
書けそうにありませぬ。


zZZZZZ・・・
おやすみ。
posted by みー at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

まわらないすし

先日卓球の楽しさを体感してからあたしは卓球がしたくて
しかたがない。


その話をすると興味は示してくれるが実際「じゃあやりましょう」
という話にはならない。

場所は限られるし、時間もある程度必要になり、気軽にできないから
仕方ないのだけれど。


先日行った友を誘えばいいのだが、あたしの相手にしては強すぎるのだ。


適当な人はいないかな。
初心者に近い女の子にスマッシュは申し訳なくて打てないな。
スマッシュ打ちまくるには相手は男子がいい。


―そういうこと言うからオマエ男にもてないんだよ―

兄の声が聞こえてきます。



そのときあたしはひらめいた。


友達にサッカー少年がいるのだ。

問い:サッカーと卓球のどこに関係があるのか?

答え:なにもない


でもきっとスポーツが好きな人はなんでもこなすはず!


むちゃくちゃな論理で彼を卓球に誘うべくメールを打ってみたら
これが意外に好反応ではないか。


友「温泉レベルでよかったらやりましょう!」

みー「温泉レベル?あたしの勝ちだなっ」

友「温泉レベルをなめちゃいけません!勝負だ」

みー「負けない!」

友「なにか賭けましょう!そうだ、ほっぺにchuにしましょう」

みー「きゃ」





なんて話になるわけもなく


友「晩メシ!晩メシ賭けましょう。寿司だ寿司ー」


みー「notまわる寿司」


まわらないすしを賭けての熱い決戦が決まりました。

これは秘密の特訓しかないっ!

(卑怯者)


あたしはこっそりその日まで壁打ちで練習することにしたのです(うそです)



こうしておそろいジャージを作るための勧誘作戦ははじまったのである。



いつも思うのだけど、どうしてあたしとサッカー少年は知り合って
もうすぐ5年になろうかというのにいまだ敬語で話すのだろう。
メールまで敬語。

お互い名字でさんづけで呼ぶし。

でも仲はいいんだ。
たとえるなら小学生の友情みたいな感じかな?
軽口たたきあってからかいあって、でも困ってたら助けてあげたい
そんな関係。




きっと5年後もあたしは彼を名字で呼んで
彼もあたしを名字で呼ぶ。


そしてそれが心地よい関係なんだってあたしは思うんだよ。
posted by みー at 22:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

ほんとのこと

ほんとはもっと

きみといろんなはなしをしたかった



ほんとはもっと

きみといっしょにみたいけしきがあった



ほんとはもっと

きみのよわさもあいしたかった




てをはなしたのはあたしだったけど



さいしょにせをむけたのはきみだった



ほんとはずっと




きみがおもうよりもあたしはきみのことがすきだった
posted by みー at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほめことば

言われていちばんうれしいことばってなんだろう?

人をほめるときはそのひとのいちばんいいところをほめる
ものだけれど。


今日ある人に

「ほんとみーさんっておもしろいね」


と言われうれしかったのだ。


そう、わたしにとって

きれいだね、よりも
やさしいね、よりも
賢いね、よりも

「おもしろいね」


が最高のほめことばなのだ。



好きな人にもおもしろいね、って言われると「よっしゃー」
って思うし、自分に興味を持ってもらえたみたいでうれしい。




たいていの人には「そうかなあ?」と首を傾げられるのだけど。
posted by みー at 20:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

帰り道にあなたを

お酒を飲んでもあまり変わることはない、と日記に書いた。
特別おしゃべりになるわけでもないし、テンション高くも
ならない。


でもひとつだけ。

ふだんは電話はほとんどしないのだけど、飲んだ帰り道は
無性に電話をかけたくて仕方なくなるのだ。



でもきっとかけられた相手は迷惑するからと最近もうかけるのは
やめたのだけど、昨日はたくさんお酒を飲んだからか電話をかけたくて
かけたくて仕方なかった。


どうしよう。
誰にかけよう。



ひとりだけ顔が浮かんだ。


ちょっとうれしかったこと、とかくだらなすぎて笑えることとか
いっぱい話したいことがあった。


・・・迷惑そうだったらすぐに切ろう。



そう思って携帯をバッグからごそごそと取り出した。





しもたーーー!!!




そういえば電池がなくなって電源落ちてたっけ・・・


でもよかったんだ。

突然夜中に電話してきて、しかも酔っていて何言ってるかわからないし
そんな電話をもらって嬉しい人などいないだろう。


嫌われずにすんだ(^^)


少ない友達は大切に、である。
posted by みー at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

スカーレット・オハラ

昨日の夜はひさしぶりに飲みに行きました。

最初に入ったお店はかなりリーズナブルなのだけど
美味しくて雰囲気のよい居酒屋でした。


そこではサラダやピザなどおなかいっぱい食べながら
サワーを飲みました。

お酒が入ってもわたしはあまり変わることはありません。
でも多少は解放的な気分になり、すべてが楽しくなってきます。
(十分変わってるか)

そのメンバーでのみにいくのは初めてだったのですが
いろんな話ができとても楽しかった。


しかしそのお店を2時間で放り出されてしまい、当然のように
もう1軒行くことになりました。



次に入ったのはカクテルをはじめとしたくさんのお酒があ
るBarでした。


最近わたしはカクテルが好きです。
甘さおさえめで強めのお気に入りカクテルを見つけるべく
いろんなカクテルに挑戦しています。



そこで見つけたのが「スカーレット・オハラ」

名前に惹かれてオーダーしてみました。



スカーレット・オハラは風とともに去りぬのヒロインの名前です。
気が強くて自由奔放、でも誇り高き美しい女性です。


そんな彼女と同じ名前のカクテルは、クランベリーの甘さと
レモンの酸っぱさの中に凛とした強さを感じさせるさわやかな
カクテルでした。



そこで2時間近く飲んで帰宅しました。
少しだけとソファーに横になったのですが気付いたら
お昼でした。


長く眠ったわりに眠りが浅かったのか不思議な夢をずっと
見てた。


夢の中ではひとつ年下の男の子の友達がなぜかわたしのことを
好きで、わたしも好きになってしまうというへんてこな設定で
目が覚めたとき爆笑してしまったのです。

これは絶対スカーレット効果だ、そう思いました。
彼女はモテモテで恋多き女だったのです。


今度その友達に会ったら話してみよう。きっと

「みーさん、やめてくださいよ。ありえません」

って笑ってくれるだろう。
posted by みー at 16:09| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。